西国三十三所巡りガイド 地図、朱印帳、ツアー、巡礼、ご詠歌、観音霊場など、様々な情報をお届けするサイトです!

第一番札所 那智山 青岸渡寺

 00201002030004.jpg

 00201002030005.jpg

お寺ホームページへ

山号/寺号/通称
那智山
青岸渡寺/那智山寺
札所本尊
如意輪観音
開帳時期
年3回
宗派
天台宗
住所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8
電話番号
0735-55-0404

 

地図


より大きな地図で 西国三十三所巡り を表示

 

 

第一番札所 那智山 青岸渡寺の動画

 

 

第一番札所 那智山 青岸渡寺の解説

青岸渡寺(セイガントジ)は、和歌山県の天台宗の寺院である。西国三十三所第一番札所としても有名だが、2004年に世界遺産にも登録されたことで、有名である。ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」

開基は仁徳天皇の時代で、天竺(インド)から来た裸形上人とされ、裸形上人が那智の滝で金の如意輪観音を見つけ、それを本尊として安置したのが始まりとされている。

その後も、各時代の天皇により、発展し、中世から近世にわたって、隣の熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場として、大いににぎわっていった。

明治時代に神仏習合が廃止されたが、信者たちの手で、熊野那智大社では如意輪堂が破却を免れ青岸渡寺として復活した。

 


TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0